髭は邪魔だが、男らしさの象徴?

私は、社会人になってからずっと公的な職業についており、社会的な目を向けられる立場にいることから、身だしなみの整った格好が求められており、基本的には毎日髭をそっています。

やはり、社会人で髭を生やしているということが認められるのは、自営業やクリエイティブな職種などのある程度限られた業種だけではないかと思います。

そのため、髭をそるという行為は、日々の当たり前の行動の一つとなっており、普段は特別何も感じないのですが、寝坊してしまったり忙しい朝には、髭をそらなくてはいけないことを煩わしいと感じています。

また、私は肌が弱いのか髭剃りを雑に行うとすぐにかみそり負けをしてしまうため、髭をそるための道具やそるためのジェル、そったあとの保湿用のクリームなどは良いものを購入するため、手持ちが少なくその出費が痛いときや髭剃り負けをして一日中顎や鼻の下辺りがヒリヒリしているときなどは髭という存在を邪魔に思います。

しかし、テレビや雑誌で見るような髭を格好良く生やした方には憧れを感じる面もあり、羨ましいと感じ、自分もあんな風になってみたいと思い、長期の休日中には髭を伸ばしたままにしています。

ただ自分はあまり髭が伸びないタイプでありかつあまり多くないタイプなのか、1日放置した程度では髭が濃いと言われる人の夕方程度しかならず、1週間ぐらい放置してもまばらに生える程度です。

そんな私とは対照的に、弟はかならい髭が濃いです。全身の毛が濃いですね。兄弟なのにこんなに対照的なのか・・・と思ってしまうほど。

弟は今転勤で横浜市内に住んでいるので、このような横浜市のヒゲ脱毛情報サイト(https://yokohamanohigedatsumou.com/)を教えてやろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です